建築現場の作業員としての三ヶ月

私は1年ほど前に約三ヶ月建築業界で人夫出しと呼ばれる仕事をしていました。まず建築現場では、現場監督、職人、人夫出しの3種で構成されています。人夫出しとは雑工とも呼ばれ能力の持たない人間が雑作業を任されるというものです。

私は一応人夫出しと言っても派遣社員として建築現場へ派遣されていました。 もともと半年という期間で入社しましたが、三ヶ月で退職しました。退職した主な理由は、一労働者としての人権がないに等しいと感じたからです。誰でもできる雑作業という名目ですが、実際は職人のストレス発散の役目みたいなものでした。工期が迫っていれば自分のせいにされ、ミスがあれば自分が関わっていない工区でも自分のせいにされるようなことが多々ありました。このような理由からわずか三ヶ月で退職することを決めました。

契約期間は三ヶ月残っていて、まず現場での作業が終了しやめるという決心をしてすぐに所属する派遣会社へ連絡を入れました。 連絡を入れる前は怒鳴られるのではないかという心配や、何か金銭的な負担を強いられるのではないかということが頭によぎりましたが、以外とスムーズにことが済みました。私のように契約期間内で辞める人は多く、派遣業界からすれば日常茶飯事だそうです。辞めると伝えた後も、もし別の現場での作業があったら連絡するという内容のことを伝えられました。

この業界は使い捨てのような扱いがスタンダートなんだと感じました。派遣会社との関係に関しては、悪くなったというよりむしろ、本音で話す機会があったことで良くなったのではないかと感じました。一般的に円満退社ではない場合、関係が良くなることはないと思いますが、派遣業界では全くそのようなことはなく、極端な話、よほどのことがない限り関係が悪化することはないのではないかと思います。

後から聞いた話ですが現場への派遣で三ヶ月続く方が珍しいみたいで、ほとんどの人が一週間、早ければ即日に辞めることも多いそうです。 派遣という形態上仕方のないことかもしれませんが、学生のアルバイトであったり、就職活動中のこずかい稼ぎだったりと合間を埋めることに使うのが効率が良いのではないかと感じました。

私の場合円満に辞めることができましたが、もしもトラブルになった場合想定していた対処法は、まず素直にその現場への不満を伝えるということです。良くも悪くもその場だけの雰囲気であったりマイナーなことが多いと思うので、そこを改善とまではいかなくてもこちら側が対処できるように事前に知識を入れてもらうことが大事だと思います。今後同じ立場で働く人のためにも、このように下準備として、いろいろな情報を渡しておくことが大事ということを伝えようと思いました。

もう一つ、もし自分に直接的な被害があった場合、主に金銭の要求や暴力を想定していましたが実際に被害を受けた場合素直に警察へ行きべきだと思いました。契約期間内に辞めたといえども法的な拘束力はないに等しいのでお互いの非を天秤にかけた時、金銭的な要求や暴力の方が社会的に不利であり、こちらの非は存在しなくなると思うので、しかるべき対策を取ることが大事なのではないかと思います。そもそもトラブルを起こさないよう努める場合はやはり正直に退職理由と時期を明確に伝えるうことが大事だと思います。 嘘や話を膨張した場合対面で会話している以上はバレる確率の方が高いと思うので、正直に不満点を話し、その不満点がどれくらい退職理由に付加しているかを考え、伝えることがトラブル防止につながるのではないかと思います。

総じて不満点の多い職場ではありましたが、会社側が多々不満の出る前提で雇用しているように感じました。